RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

正月用 小豆

2011.01.03 Mon
去年はちょっと目を放したすきに焦がした小豆。

今年は気を引き締めてリベンジしたというメモブログ。

結局ちょっと失敗しちゃったけど、繰り返さないようにメモブログ。

小豆・・・300g
三温糖・・・220g
黒砂糖・・・10g
水・・・600ml


一晩水に浸す必要が無いという意見が多数。
しかし浸す人もいるようなので間をとって3時間ほど浸してみる。

101230ZMD_003.jpg

あく抜きの為、一度沸かして湯を切る「渋キリ」
101230ZMD_000.jpg

鋳物の鍋で炊くと早いらしいので今年はコレで挑戦。
101230ZMD_002.jpg

蓋を閉めて15分煮たところで砂糖を2回に分けて投入。
101230ZMD_001.jpg

この時点で、豆によって煮え方にムラがあったのが今回の敗因。
ヘラに当たるマメの感触がばらばらだったんだよなぁ。

結局、小豆が柔らかくまでに水分が足りなくなり水を200ml追加。
火を止めて30分ほど余熱で様子見。

まだ、少し硬い豆がある。

再び、100mlほど水を追加し沸騰したら火を止めて余熱で様子見。

やっとすべて柔らかくなる。
水分少なめのモッタリ系。
ちょっと残念な結果。
101230ZMD_006.jpg

次回は砂糖投入前の小豆の硬さの再チェック。
仕上がりはかなりユル目を目標にします。





スポンサーサイト
Category:レシピ | Comment(8) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。